地鶏の燻製

2011年03月05日

DVC00028.JPGDVC00004.JPGDVC00005.JPG
今、別院販売コーナーでは、長柄山自然農園の地鶏の燻製を販売しています。
しかも「お・か・い・ど・く」。
説明の用紙が2種類ありましたので、ご紹介いたします。
この説明の用紙の中に、一般のクンセイは、燻液に漬けるだけで、実際にはいぶしてないというのには驚きました。

<地鶏のクンセイ>
・このクンセイは、ヒヨコの時から、ワクチン・薬剤を一切使わず、自家配合飼料や、当農場で飼料用に栽培されている、無施肥・無農薬栽培の小松菜や牧草で育てられた、当農場の地鶏を使用しております。
・大量生産と違い、一度も冷凍せず生肉を長期間つけ込み、その道二十年の職人がスモークした本物の品です。
・狭いスペースに超密飼いされ、閉ざされた空気の中、大量の薬剤と栄養剤入りの餌で育てられ、太らされたブロイラーとは、その生命力や、質、安全性において、大きい違いがあります。
・今日、食べ物本来の味が失われつつありますが、このクンセイは、味つけをして、油で揚げ、本当の鶏肉の味の失われたフライドチキンとは違い、鶏肉自体の味を生かしております。
・調味料は、醤油、砂糖、天塩、にんにく、しょうがのみを使用し、一切無添加で仕上げておりますので安心して、召し上がっていただけると思います。
・召し上がり方:火など加えず、そのまま、ナイフでスライスしてお召し上がり下さい。ガラは、スープになりますので、お好みの野菜等といっしょに煮込んで下さい。
・血がにじむことがありますが、生ではありませんのでご安心下さい。
<当農園のクンセイと一般のクンセイとの違い>
※鶏
一般のクンセイ:狭いところで密飼いされたブロイラー、薬品、栄養剤使用
地鶏のクンセイ:ワクチン、薬品一切なし、平飼い
※飼育期間
一般のクンセイ:短い、3〜4ヶ月
地鶏のクンセイ:長い、2年以上
※添加物
一般のクンセイ:ソルビン酸K(防腐剤)等を使い長期保存させる
地鶏のクンセイ:無添加のため長期保存はできない
※クンセイ製造法
一般のクンセイ:調味料と燻液(クンエキ)を混ぜ、けんざんのようなもので強制的に肉に注入するだけ、いぶさない。
地鶏のクンセイ:サクラの木のチップを使い、じっくりいぶす。
※製造期間
一般のクンセイ:3日位
地鶏のクンセイ:10日間位
posted by torek at 21:51 | コメント(0) | 販売物情報編集(管理人用) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント