稲刈りをされたMさんの話し

2011年10月25日



堀さんの稲刈りをお手伝いされたMさんの感想を色々聞かせていただいたのでご紹介いたします。
以下内容です。

とにかく、今年の堀さんの稲は凄いですよ。見てください、この穂の写真を、一番上の穂は、去年の稲刈りの時に頂いて、持ち帰った穂です。真ん中に写っているのが今年の穂です。全然違うでしょ。穂が長いだけじゃなく、一粒一粒が大きい。今年の粒は丸々太っていて大きい。稲の分けつもすごいし、もちろん周りの田んぼのように倒伏している稲は一本もない。それからなんといっても色がよかった。まさに黄金色でした。

一番下の穂は、「蒼龍」。こちらはコシヒカリより2週間くらい登熟が遅いらしく、私たちが行ったときにはまだ刈れなかったんです。背がとても高い品種でした。来年は、近くの水稲農家に頼んで、完全な無施肥無農薬は無理かもしれないけれど、堀さんから「蒼龍」の種籾を譲ってもらえたら試してみたいと考えています。

今回、堀さんの田んぼに行って一番感じたことは、気持ちがいいってことです。心が何かうれしくなるんです。何か、言葉ではちょっと言いあらわせないんだけれど、堀さんの田んぼにいると、とてもいい気持ちになるんです。

私も、今年から畑を始めたんですけど、初めて土と向き合えたような気がします。今までも、仕事や何かで土とは関わってはきましたが、明主様の御教えを拝読して、「土って何だろう」「自然って何だろう」という気持ちで土と対話というか、農作業をすると、今まで感じたことのない事が伝わってきたんです。「土ってこんなにやわらかかったんだ。土ってこんなにあたたかかったんだ」ということがわかって、そして土に種を播いて、芽が出て、生長して収穫できて。やってみて初めて、自然の力の偉大さを感じることができました。信仰は実践と教えて頂いていますが本当にそうだと思いました。やってみなけりゃわからないんだってことを・・・

この話をしている目は、きらきらしていて、うれしい気持ちがこちらにも伝わってきて、私もうれしくなりました。Mさんは、今年1年で自然農法を通してすごく向上されたんだと思います。その喜びや、自信や満足感がお話の中に満ちあふれていました。Mさん、うれしい気持ちを分けてくださり、本当にどうもありがとうございました。
posted by torek at 09:34 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

10/7 堀農園稲刈Day

2010年10月08日

野中氏はじめ10名の参加。内訳は世1、三4、真2、五2と野中。現地組で弥生さん、堀さん夫妻とでの作業だ。スケジュール順調で別院2030到着。参加者の感想は、「献納米分のもお手伝いでき感激」、「田植え、草取り、稲刈と参加したい」、「稲が固く立派」など。こんなハプニングもあった。秋雨で倒伏していた隣の有肥の圃場も稲刈だった。機械がぬかるみにはまりSOS。堀さんとみんなで力を貸すことが出来た。その際に有肥の圃場に入り、稲の様子を見た。穂はぬかるみにつかり、茎は枯れ、柔らかく弱かった。 
=秋の地雨=
posted by torek at 01:55 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

明主様から頂いた1日の圃場見学会

2010年09月13日

老壮男女14名参加。行きの車中より信仰的喜びに花が咲く。雨降る見学会スタートでしたが、小雨となり終にはお天気になるというお恵みや昼食会場では個数丁度のお弁当箱。そして13日にケンセン物お買い物でエスティマを発進させたらハイブリットシステムエラー!レッカーで整備に。整備工場は明日が定休日。ギリギリの入庫。昨日に故障せず良かったと感謝しました。生産者も参加者も嬉しいばかりではなく、沸き上がるような力、勇気に取り巻かれるような見学会でした。  ヤッサモッサ
posted by torek at 19:00 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

堀農園 圃場見学会のご案内

2010年09月01日

明主様の自然農法を純粋に、13年間取組んでこられた堀さまの水田を見学させていただく会です。
肥料や農薬を使用せず、自然が有する土の力を主にして、イネはこれほど育つということを実際に体感できる貴重な機会です。そして、生長段階での有肥栽培との違いを発見できることと思います。その違いは、自然に合わせての栽培と共に、作物、圃場に関わる生産者の向き合い方や、時間・手間のかけ方、そして精神性などの点で表れることと思います。堀さまの13年の取組みを一番感じることができるのは、作物のある圃場にいる時です。
当日は、堀様に圃場の案内、説明していただきながら、見学を行います。また、昼食後には、意見交換や質問を行える時間を準備しています。皆様、お誘いあわせの上、お申込下さい。

日時-平成22年9月12日(日)
-------7時別院御参拝
-------20時解散予定
参加費-3,000円(往復交通費+昼食代)
〆切り-平成22年9月5日(日)
申込先-教会・別院事務所
問合せ-圃場見学会係 野中
-------09-3369-1844
その他-
残暑も見込まれますので、日傘、帽子、飲み物 等をご用意下さい。
交通手段は乗用車となります。運転可能な人はご協力をお願いします。

申込書に必要事項を明記の上申込してください。
〆切りは9月5日(日)です
posted by torek at 11:56 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

8/8 夏期学錬 高校生が田んぼ見学に!

2010年08月08日

高校生21名が稲作交流会後の足利の五十嵐氏の田んぼを見学。五十嵐氏、堀氏と共に田んぼを巡った。隣接する慣行栽培の稲や圃場の様子と比較し、感想を述べ、実施者に質問した。会館での夕食では生産者への感謝とともに今日見学した全ての幾つかを思い出しながら五十嵐氏の米を食した。学生と記憶に残る一日を体験した。  =光良=
posted by torek at 21:58 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

7/29 木島平 援農にいきます

2010年07月21日

ta.jpg7/29 に再び木島平に援農にいかせていただきます。
今回は除草です。

7時 別院出発です。

参加される方、詳しく聞きたい方は、別院事務所の野中さんまで。

お早めにお申し込みください。
お待ちしています。

(写真は現状ではありません)

posted by torek at 22:26 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

堀農園 援農のお知らせ

2010年06月09日

お待ちどうさまでした。日程が定まりましたのでお知らせします。
堀農園では田植えに取り掛かるところです。15日までに田植えを終える予定です。当日は率先して草取りを行ないたいと思います。

■日  時:6/21(月)07:00別院ご参拝、21〜22:00別院解散予定
■費  用:ガソリン代、高速代を割り勘で精算します
■食  事:朝食、昼食、夕食は各自でご用意いただきます
■申込〆切:6/18(金) 野中まで(koji.nonaka@tokyo-reimei.or.jp)
■問合せ先:野中
posted by torek at 09:06 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

堀農園 圃場見学会のご案内

2009年08月25日

1.jpg
明主様の、自然農法を純粋に12年間取り組んでこられた、長野県木島平村の堀様の田んぼを見学させていただきます。
肥料や農薬は使わなくとも、稲はこれほどよく育つということを、実際に体感できるということは、貴重な体験だと思います。また、同じ育つといっても、自然の稲と周りの有肥の稲とは育ち方が違うということも感じることができると思います。
このような違いは、ただ、肥料と農薬を使用せず、ほったらかしでできるものではありません。
世の中のすべての事にも言えることですが、安易な、簡易的な物と、そうでない、いわゆる「本物」といわれるものには、携わる人の向き合い方や、時間のかけ方、手間のかけ方、そして精神性など多くの点で本質的に違うのです。
そのような堀さんの、12年の取り組みを一番感じることができるのは、田んぼにいるときです。
ぜひ、大勢の方で参加し、学ばせていただきたいと思います。

■詳細はこちら
posted by torek at 10:56 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする

6月20日体験学習in木島平村

2009年07月01日

こんにちわ。堀さんの田んぼの草取りに20日行かせて頂きました。遅くなりましたが、感じた事を報告させて頂きます。

昨年収穫に行かせて頂いた時に、草取りが十分されている所とそうでない所の収穫量の差が、ものすごくはっきりとしていてショックでした。なので、今年は草取りに少しでも使って頂きたいと思って参加させて頂きました。印象に残ったのは自然に戻すというみどりさんの言葉です。それから、除草剤を使った草のない緑色が濃い近隣の田んぼ景色が帰ってきてからもずっと忘れられませんでした。なぜならこれが現実であり、どこを見ても除草剤を使った田んぼばかりだから自然農法の普及を稲作において進めていく上で相当努力していかないとならないと感じました。自然12年の田んぼは10年めに見せて頂いた時も草がありませんでしたが、除草がとっても楽になるそうです。私たちが除草させて頂いた田んぼは何年めか分かりませんが、苗より「せり」が目立ち、かなり「せり」がはびこっていました。除草は自然に戻す途中なんだ、あと数年したら、きっと草の量が減ってゆくはずと思いながらさせて頂きました。昨日Oさんから昔の稲作について伺いました。
近所の農家とみんな一列になって手除草に三回ずつ各家庭の田んぼを回って協同作業でしていたそうです。大変だったそうです。だから除草剤がでてきた時には楽になると飛びついた。最先端って感覚だったそうです。明主様の自然農法の御教えによって本当の意味での最先端の稲作はこれなんだ!真理はここにあり!と、今必死になって取り組まれていらっしゃる堀さんの所にぜひ近いうちにまた除草に行かせて頂きたいと思いました。
今回はHさんやMさんと一緒でした。お二人の感想で心に残ったのが、ここまで来る道のりまでいろいろあったようだが、よく乗り越えられてこられたと思った。堀さんの自然農法への情熱を聞いて、少しでもお手伝いさせていただきたいと思って行かせていただいている。前を向いていくにはいろいろあったんだなと思い話を聞いて涙した。という感想を伺い私もぐっときちゃいました。
今後の予定は来月5日と平日は7月15日と22日です。
頒布会係F
posted by torek at 23:35 | 体験学習編集(管理人用) | 更新情報をチェックする